ご飯を食べる子ども

食べることを楽しいと感じ、食に興味を持つことで、子どもは生きる力を身に付けていきます。0歳児からの食育は難しいとも考えられがちですが、早すぎることはありません。

0歳から食育を始める意味、そして食べることが楽しいと感じられる食育をご紹介します。

0歳児から食育を始める意味

平成17年に成立した食育基本法では、食育は健全な心身を培い、豊かな人間性を育むための基礎となるとされています。子どもの頃の食習慣を大人になってから改めるのは簡単なことではありません。

近年、食生活の乱れから引き起こされる肥満や生活習慣病の増加が大きな問題となっています。だからこそ、0歳という早い時期からさまざまな機会を通して食に触れる経験をすることは、健全な食習慣を身に付けるという大きな意味をもっているのです。

食べることは生きること。食に初めて触れる0歳の時期に食への興味を持つことは、生きる力の育みと心と身体の形成に欠かせません。

参考サイト:農林水産省 食育基本法 前文

食べることの楽しさを感じる食育

0歳児の食育において、食べることを楽しいと感じられるような関わりは最も大切です。食に対してポジティブな印象を持つことで、食べたいものや好きなものが増えたり、自分から意欲的に食べられるようになります。

0歳児が楽しいと感じられる食育について見ていきましょう。

離乳食は子どものペースに合わせて

赤ちゃんは、生まれたばかりの頃はミルクや母乳のみで成長します。生後5、6ヶ月で離乳食が始まると、初めて「食べる」という経験をするのです。離乳食は、赤ちゃんにとって食べることの第一歩。

初めは食べることを嫌がったり、食べむらがあることも少なくありません。そんな赤ちゃんの姿に、つい「食べさせなくては」と焦りを覚えることも。しかし、焦ったりイライラした気持ちは赤ちゃんに伝わります。まずは大人がゆったりとした気持ちで、子どものペースに合わせた離乳食の援助を心がけましょう。

なかなか食べてくれないときには、離乳食の時間をずらしてみることも効果的です。大人が笑顔を意識することで、食べてくれるようになる場合もあります。「食べる時間が楽しい」と感じられるように、子どものペースに合わせた楽しい雰囲気作りが大切です。

声掛けを積極的に行う

まだ言葉で自分の思いを伝えられない赤ちゃんでも、大人の言葉はしっかりと聞いています。離乳食を食べさせるときには、無言で食べさせるのではなく、「おいしいね」「もぐもぐしようね」などの声掛けを積極的に行いましょう。

「おいしいね」と声を掛けられた赤ちゃんは、食べるとおいしいということを徐々に理解するようになります。「もぐもぐしようね」と声を掛けながら大人が実際に口を動かして見せれば、食べ物を咀嚼することを、見聞きして覚えていくのです。

常に声を掛けている必要はありませんが、0歳児に分かりやすい簡単な言葉での声掛けは、離乳食の援助にとって効果的です。

食育は清潔な環境で

「清潔な環境の中で食事をする」という経験をさせるためにも、離乳食の時間や食材に触れる食育を行う際には、清潔な環境を整えましょう。

離乳食を食べるときには、周りのおもちゃを片付けテーブルを拭く、食べる前や食材に触れる前には手や口の周りを拭き衛生面に配慮するなど、少しの配慮で、清潔な環境での食育が実現できます。清潔でゆったりとした環境の中で食に触れる経験は、その後の食習慣にも大きな影響を与えるでしょう。

手づかみ食べの経験

食事をする子ども

初めは大人に食べさせてもらうだけの離乳食。成長とともに、自分で食べようとする姿が見られるようになります。離乳食が後期に進み、食べ物や食器に手を伸ばすようになったら、自分で食べようとする意欲が芽生えている証拠です。

この時期に手づかみ食べを十分にすることは、その後の食への興味につながります。しかし、手づかみ食べの時期は、離乳食を食べさせているだけの時期に比べて、大人の負担は倍増。なかなか積極的に手づかみ食べをさせてあげられないという方も、少なくありません。

そんな時におすすめなのが、手づかみ食べに合ったメニューの工夫や負担の少ない環境作りです。手づかみ食べを十分にさせてあげられるアイデアをご紹介します。

手づかみ食べに最適なメニュー

手づかみ食べには、赤ちゃんが自分で持ちやすく、崩れにくいメニューがおすすめです。手づかみ食べを行う離乳食後期には、歯茎でつぶせる硬さのものが食べられるようになります。

野菜であれば、スティック状に切って歯茎でつぶせる硬さにゆでれば、簡単に手づかみ食べメニューが完成。スティック状なので持ちやすく、手づかみ食べを十分に経験できます。

主食としては、細長く切って軽くトーストした食パンも良いでしょう。歯茎で噛めない場合には、ミルクを少量しみこませると、軟らかくなります。

ご飯であれば、軟飯に少量の片栗粉を混ぜ、平たくつぶして少し焼けば手づかみ食べがしやすいおやきの完成です。みじん切りにして茹でた野菜や湯通ししたしらすなどを混ぜれば、栄養も十分に摂取できます。

軟らかめであれば固形のものが食べられるようになる時期だからこそ、自分で持って食べやすいメニューを工夫してみましょう。

手づかみ食べの環境作り

手づかみ食べをストレスなく十分にさせてあげるためには、環境作りも大切です。食べこぼしの多さがストレスになる場合には、椅子の下にビニールシートを敷き、さらに新聞紙を敷く方法がおすすめ。食べこぼしを新聞紙ごと捨てることができ、ビニールシートの水分を拭いたり洗い流せば簡単に掃除ができます。

洋服の汚れがストレスとなる場合には、スモッグタイプのエプロンを着ければ、洋服の汚れを防ぐことが可能です。食育の一環として、ゆったりと見守れる環境を作り、楽しみながら手づかみ食べに挑戦させましょう。

食材に触れるという経験

普段は調理した状態で、子どもの前に出す離乳食。普段離乳食で口にしている食材に実際に触れることは、0歳の赤ちゃんのとっても良い経験となります。完成した離乳食を食べるだけではなく、楽しみながら食材に触れる経験を通して、食を身近に感じることができるからです。

食に興味を持つきっかけとなる、食材に触れられる食育について見ていきましょう。

野菜に触れる

野菜は離乳食の初期から食べられる身近な食材です。離乳食ではつぶしたり切ったりして調理した状態で出しますが、ぜひ調理前の野菜に触れ、色や形、匂いを感じさせてあげましょう。

1歳近くになったら、一緒に野菜を洗ってみることもおすすめです。食べ物の好みが出てくると、野菜を嫌がる子どもは少なくありません。実際に野菜に触れることで野菜を身近に感じ、食べてみようという意欲を持たせるという効果もあります。

食材の感触を楽しむ

食材をつぶしてみて感触を楽しむ方法もあります。おすすめの食材は豆腐や切ったトマトなど。そのままの状態でつぶすことは難しいので、ビニール袋にいれて、袋の上から手でつぶしてみましょう。

つぶれやすい食材は、手づかみ食べを挑戦させてあげづらいので、食材に興味を持つという意味でも良い経験となります。

まとめ

離乳食

0歳児という早い時期から食育を意識することは、子どもの生きる力を育み、その後の食習慣において大きな影響を与えます。

食事のときには楽しい雰囲気作りを心がける、手づかみ食べや食材に触れる経験を十分にさせるなど、楽しみながら取り組める食育を積極的に取り入れてみましょう。

おすすめの記事